忍者ブログ
まったりとハンドメイド・FoM
[80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は少しばかりシリアスな話です。

土曜日はパムさんに会いました。
パムさんは旦那の実家に居る柴系MIXワンコです。
アーモンド型の目が凛々しいハンサムさんで、
密やかに私の身内(?)自慢です。
旦那によると今年で多分8才くらい。

とってもフレンドリーな彼は、
いつもおやつをくれたり時には散歩もしてくれる兄ちゃん(旦那)と
一緒に来る私にも非常にフレンドリーで、
毎回大興奮して出迎えてくれます。
今回はそのフレンドリーさが仇になってしまいました。

少し前から太り気味を獣医師に指摘されていたことを
パムさんの世話をしている義祖母から聞いていたので、
シニア用低カロリーのパウチおやつをお土産に旦那の実家に行った我々。
いつも通り、おやつをくれる大好きな兄ちゃんが
オマケ(私)と共に車に乗ってやって来たので、
パムさんは大喜びで後ろ足で立ち上がり、
鎖を引っ張りすぎて首が絞まりそうになるのにもかかわらず
大歓迎!!を全身で表していました。

旦那がパムさんの大興奮をなだめたしなめしつつ
パウチの封を切ってご飯器に出す用意をしていたところ、
パムさんがいきなり倒れ込んでしまいました。
横倒しになって体を引きつらせたまま苦しげにあえぎ
起き上がることも出来ません。
そのうち失禁・・・・。

旦那はパムさんがあまりに鎖を引っ張って
首が絞まって息苦しさのあまりひっくり返ったと思ったようですが、
私はパムさんが鎖を引っ張るより以前に
短く咳き込むのを聞いてしまったのです。

首輪での窒息なんかじゃない、これは心臓では・・・!?

ワンコは少しくらい首輪で呼吸が出来なくたって
舌が紫色になってしまうまでリードを引っ張ったって平気なもの。
そういうクセのあるワンコと一緒に暮らしている
或いは暮らしたことのある方はおわかりかと思います。
彼ら、困ったことにそのくらい平気で引っ張りますよね。(__;)
以前私が飼っていたワンコも
散歩中に舌が紫色になるほどリードを引っ張ってしまう子でしたが、
ゼハゼハ息苦しそうにはしてもこんな風に硬直して倒れることは無いし、
更には失禁することなんて事はまず有り得ませんでした。

心臓だと思った理由の二つめは咳。
以前我が家では3匹のフェレットを飼っていましたが、
7才の高齢の子と5才の子が心肥大で心臓を患いました。
その時に7才の子がしていた咳とパムさんの咳はとても似ていたのです。
心臓が悪くなってしまった子は時に咳をします。
咳なんか水を飲んだりしたときにむせたってしますし、
毛繕いして毛がのどに引っかかったような場合でも咳きます。
風邪の時にも咳きます。
でも、パムさんは特に何も口にしないのに咳き込んでいました。
風邪をひいているならもう少し元気がないだろうし。
しかも聞き覚えのある嫌な咳かた・・・。

旦那にこれは心臓の発作かもしれないから
パムさんの様子をいつも見ている義祖母を呼んできて欲しいと頼み、
私はパムさんに付き添って体をさすりました。
が、いつもは在宅している義祖母がその時に限っていません。
どうやら用事でもあって外出したようです。
やむなく旦那は仕事中の義父に連絡を入れ、
私は四肢を引きつらせてあえいでいるパムさんの体をひたすらさすり
落ち着かせるのに必死でした。
とても苦しそうなのにさすってあげることしかできない
自分が情けなくて涙が出てきました。

そのうち暫くして発作が治まりはじめ、
四肢の緊張も取れて自分で立ち上がれるようになりました。
パムさんがいつも通り正気に戻って、
おいしいおやつが目の前の封を切った袋の中にあることに気がついたのは
それから更に数分後。
呼吸も落ち着きパウチを舐めて食欲を見せたので
漸く私たちも安心しておやつを食べさせることが出来ました。

暫く様子を見ているうちに
発作がウソだったかのように落ち着いてきたので
私たちだけで緊急で動物病院に運び込むことはやめ、
一番パムさんの様子に詳しい義祖母を待って
動物病院に行くか行かないか決めることにしました。
動物病院には普段からその子の世話をしていて
その子に関してよく知っている人が同行するのが一番いいし
(↑獣医師にその子の状態をより多く詳しく伝えられるため。)、
私たちはパムさんが予防などでいつも行っているかかりつけの病院が
何処なのかすら知らなかったので・・・・。

一時間ほど義祖母の帰宅を待ったのですが帰ってこないのと
パムさんの様子が安定したので
後ほど改めて電話を入れて話をしようということになり
車で帰路につこうとしたところに義祖母が帰宅。

この手の話は我が家で鼬様お世話係だった私が話した方が話が早いので
私から発作を起こした様子を詳しく話したところ、
義祖母は暫く前にも1回あったと言います。
その時は庭を横切った猫に猛烈に吠えて興奮したあと発作を起こした模様。
義祖母も旦那と同じように首輪で首が絞まって窒息したのだろうと言うので
もしかしてパムさんは最近頻繁に咳をしませんか?と聞いてみました。
「そう!最近咳くのよ!」
と不思議そうにしながらも強く肯定する義祖母。
・・・あぁ、やっぱり咳くんだ。嫌な予想が当たってしまった・・・。

義祖母に咳をする子は心臓が悪い可能性があること
ワンコは自分が引っ張った首輪で一瞬喉が絞まったくらいで
四肢を引きつらせて失禁するほどの状態にはならない事を説明しました。

近いうちにフィラリアの薬をもらいに行く予定だったというので、
その時獣医師に、咳のことと発作のこと食欲の状態他
なるべく詳しくお話しして診てもらう事を勧めたところ
予定を早めて連れて行くとうなずいてくれました。
旦那もパムさんの事は可愛がっているので、
ショックだったのか暫く難しい顔であまり話をしませんでした。

素人目での判断なので、或いは別の病気かもしれませんが、
極度に興奮して発作を起こしたことや、咳をすることから
どうにも心臓を患っているように思えてなりません。
咳は腹水が溜まるとし始めるようなことも聞いた記憶があるので
腹水も心配ですし・・・・。(※)
まぁ、パムさん一時のウエスト無しのプチデブ状態より
ずいぶんスリムになっていたから大丈夫と思いたいんだけれど・・・。
(※)腹水が溜まると肺が水に浸かるので溺れたようになり呼吸困難になるそうです。
もし心臓疾患であったとしても
まだまだ軽度の状態であって欲しいと願っています。

次から旦那の実家に行っても
パムさんが興奮しないように気をつけないといけません。
これがまた難しいんですが、発作はもう2度と勘弁・・・・( ̄へ ̄|||)
PR
COMMENT
名前
タイトル
文字色
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
プラムさん、おはようございます。
パムさん、心配ですね…
うちの犬(ワイヤーヘアードフォックステリア)も16歳まで生きましたが、年をとってからは人間と同じ病気にいくつもかかりました(+_+)
まだ8歳でしたら、これからまた、もちなおして元気になられるのでは、と思っています。
どうぞお大事に…<m(__)m>
リッカ 2008/05/25(Sun)08:50:56 編集
Re:無題
リッカさん、こんばんは。
パムさんへのお見舞いの言葉ありがとうございます。m(_ _"m)
義祖母が週明け早々には病院に連れて行くと言っていましたので、また様子を聞いてみようと思います。
リッカさんのテリアちゃん、16才ですか! 長寿組ですね。 うちのワンコはシェルティだったんですが11才でした。もう少し長生きできるかと思っていたのですが、腎臓と肝臓を1度に患ってしまってどうにもこうにも・・・。あの時は私が様子の変化に気がつくのが遅かったので、あの子には申し訳ないことをしたと思ってます。(;_:) 
そうですよね、長寿と言ってもあちこち弱ってきますから、ほんにんも大変だし、看てあげる方もなかなか辛い面がありますよね。
このブログの左のアバターのモデルというか擬人化した(^^;)アルビノフェレットがうちの鼬っこでは今の所一番長寿だったんですが、加齢から来る慢性腎不全にはじまって低血糖・心肥大・フェレットに多い副腎疾患と色々出ました。それでも腎不全を患っていたにしては最期まで自力でご飯を食べてくれたし寝たきりになることもなく天寿を全うしてくれましたけれど。
人間も動物の小さい家族(中には大きい子も居ますが。(^^;))もFOMのペットみたいに高齢になっても昇天する直前まで患う様子もなくパッタリ逝ってくれるとほんにんも楽だろうになぁとつい思ってしまいます。(-。-;) まぁ、急逝されると周りはココロノジュンビも覚悟もあったものではないので大騒ぎになりそうですけれど。・・・うちは90で亡くなった母方の祖母がそのパターンで周りが大変でしたが(^^;)、本人的には長患いして辛いよりはいいんじゃないかと思ったりします。
管理人2008/05/25 19:26
無題
プラムさん、こんばんわ
パムさん、本当に心配ですね・・・
うちにいた柴犬も長寿で、15歳までそばにいてくれました。
でも最後の方は、食事も排便も出来なくなってしまい、相当苦しかったようで、
見ているこちらも辛くて仕方なかったです。

パムさんもそうですが、ここの所、プラムさんの周りが何だか大変そうで、
プラムさんの事も心配です(>_<)
どうかみなさん元気でいられますように・・・
ゆっこ 2008/05/25(Sun)22:37:39 編集
Re:無題
ゆっこさん、こんばんは。
ゆっこさんもパムさんへのお見舞い本当にありがとうございます。m(_ _"m)
心臓疾患だったら心臓のお薬を飲ませることでかなり状態が安定して本犬も楽になると思いますし、お薬を飲まないときより寿命も確実に延びるそうです。
なので、義祖母には早めに病院に行くよう強くすすめました。来週早々には疾患に対して何かしら対処できると思います。

ゆっこさんの柴ちゃんは15才でしたか。長く居てくれた方が嬉しい反面、どんどん弱っていく姿を見るのは辛いものがありますよね。(;_:)
動物と一緒に暮らす時には仕方のないことだと思うのですが、病気や老齢時の辛さをなんとか少なくしてあげたいと思ってしまいますよね・・・。

私の方は大丈夫です♪ ご心配いただいた母もかなり調子が戻ってきました。現状心配なのはパムさんだけでしょうか。ゆっこさんのやさしいお心遣い、ほんとうに嬉しいです。ありがとうございます。(*^^*)
あ、もしやあちらの掲示板に書きに行けなかったので、それもご心配おかけしてしまったでしょうか?土日は旦那がPCを占拠状態の時が多いので、時によって全くPcが使えない場合もあるものですから・・・。(^^;) 平日は旦那の帰宅が遅いので私が使い放題なんですけれど。(^▽^;)
管理人2008/05/25 22:58
無題
プラムさんこんばんは☆
パムさん・・・大事無ければよいのですがとても心配ですね(>_<)
ワンコもニャンコ大好きなのですが家庭の事情でペットは飼ったことのない私、親戚の家にいるワンコとニャンコをいつも羨まいと思いながら訪問してます。
たまに訪問してかわいいと撫でるだけの私、きっと飼っている方には嬉しさ楽しさも悲しさも大変さも全部共有ですので飼ったことのない者にとっては計り知れないものがあるのだと思います・・・

パムさんが早く回復してくれることを心よりお祈りいたしますm(_ _)m
ロビン 2008/05/26(Mon)01:29:50 編集
Re:無題
ロビンさん、こんにちは♪
パムさんへのお見舞いありがとうございます。m(_ _"m)
こちらに見に来てくださる皆さんも、こんなに心配して応援してくださってますし、大事ないレベルであってほしいと願っています。
ワンコの8才ですから人間ならまだ50才程度でしょうから、まだまだ元気に長生きしてもらわないと!
病院行きには一番下の義弟が車を出すようなので、今週最初の夜勤明けの休暇の時に行くそうです。

ロビンさんもワンニャンお好きなんですね。(^^) 
飼えるようになったら是非お迎えされるといいのではないかと思います。確かに病気の時や別れの時は辛いものがあるし、躾けに難儀する難しい性格の子も居ます。それでも一緒に暮らしていると楽しいことの方が多いと思いますよ。
うちも現状新たにお迎えできる環境ではないのですが、環境を整えたらまた鼬っ子をお迎えする予定です。(*^_^*)
管理人2008/05/26 17:45
うーーーむ
うちに以前居た仔は、てんかんが出ましたからねー
突然・・・

なので、いつも発作抑える薬がそばにありましたよ

発作時の目は辛いですね
こめすけ 2008/05/26(Mon)23:55:46 編集
Re:うーーーむ
こめすけ殿
う~ん、てんかんですか、パムさんも心臓ではなくそちらの場合もあるのでしょうかね・・・?
うちは幸いてんかんの子は居なかったので発作の様子がわからないのですが、見ていてかなり辛いものだという話は目にしてます。
低血糖でもそうですけれど、発作の類はほんにんもお世話する方も辛くて本当に嫌ですね。避けられるものなら極力避けたいですが、なかなかうまくいかないのがまた辛いです。
管理人2008/05/27 23:11
TRSCKBACK
trackbackURL:
最新CM
[12/15 こはく]
[04/06 りえる]
[04/02 こはく]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新TB
ブログ内検索
メールフォーム

こちらは管理人宛のメール送信用です。

■メールアドレスの記入は任意ですが
お返事が必要な場合にはご記入くださいませ。

■記事へのコメントは各記事の下に
【 Comment( ) 】という部分がありますのでそちらをクリックしてください。
コメント記入欄が現れます~☆
(分かりにくくてごめんなさい。m(_ _;m))



Powered by NINJA TOOLS
管理人プロフィール
HN:
プラム
自己紹介:
なかなか作れないのに布増殖。
布の小山を切り崩すべくあがいてます。
消費しないと置き場がありません。(^^;) 
元いたち(フェレット)お世話係。
最近は手作り化粧品を模索中。
自他共に認めるキイロイトリ好き。


***************************


サボテン君同盟参加ちぅ。
サボテン君同盟

***************************
バーコード
アクセス解析
カウンター
ガジェット
お気に入り(書籍類)
★画像リンク → 楽天BOOKS
★文字リンク → アマゾン

評価などの参考にどうぞ。
(どちらか一方にしか商品が
ないものもあります。)

★ ★ ★



きれいに縫うための
基礎の基礎




パターンから裁断までの
基礎の基礎




ソーイング クローゼット
My Favorite Handmade Style




海の救助隊―フェレット物語
(新潮文庫)




トリダヨリ―リラックマ生活〈3〉
(リラックマ生活 (3))



★ ★ ★









お気に入り(ソーイング関連)




オルファ/ロータリーカッター




オルファカッター
円形刃45ミリ替刃(10枚入)

メール便対応商品。
45ミリ替刃のみの購入なら
ここはかなりお安いと思います。
1枚当たり189円☆
(他店では250~300円/1枚)
28ミリも安いと嬉しいのに・・・。



***************************




変わり織り*赤 限定200m
【50cm幅 リネン100%】


お気に入り(フェレット・他 動物)




ブラシタッチのオブジェ
ブラシアニマル フェレット

↑ 画像でも実物を手にしても
どう見てもフェレットではなく
オコジョなんですけれど(^^;)、
可愛らしさは文句なしです☆
イタチ科ファンにはお勧め!!




コラソン動物園
フェレットピンバッジ

↑ 追加料金無しで、
ウチの子仕様な
「カラーオーダー」が可能☆



お気に入り(その他)




【リラックマ】
あつめてぬいぐるみ(キイロイトリ)
★I Loveリラックマシリーズ★

↑ぬいぐるみは極力買わない主義なのに
(プレゼントなら喜んで貰うけど♪)
これは一目惚れして入手。
可愛すぎます!!(*ノ▽ノ)



***************************
オーガニックコットン布ライナー
通気性抜群♪





布ナプキンデビューセット
好きなデザインが選べる♪





布ナプキンスマイルコットン
一体型S~軽い日用~
生理後半のデリケートなお肌に♪




布ナプキン専門店
~ジュランジェ~




★管理人は布ナプ歴4~5年です。
ケミカルナプキンでの肌荒れが酷かったのと、少しでも憂鬱な日を快適に過ごしたくて全面的に布ナプに切り替えました。

昨年は今まで使用していたものを
徐々に新しいものに切替えたんですが
以来こちらのショップさんの
商品を愛用してます。
一押しはスマイルコットンかな。
私が今まで使った中では
一番優しい使用感でお気に入り。(^^)b
他は一体型を仕事と外出時用
自宅用はホルダー+プレーンで使い分け、
殆どローズ染めで揃えてます。
染めのないものよりお高いけど
1回限りの使い捨てではないですし
自分好みのものを揃えた方が
楽しく使えるのでちょっとした贅沢のつもりで。

布ナプは肌の弱い方には特にお勧め。
ゴミが出ないのでエコ。
(おかげで我が家のトイレにはサニタリーボックスがありません☆)
一旦必要数を揃えてしまえば
お財布にも優しいです。

お洗濯や使用などに不安のある方は
上記のショップさんにそういったことに関してのコーナーがありますのでご参考に。
(布ナプ専門店なら他社さんでもそういったコーナーはあると思います。)

ズボラななんちゃって主婦な私は、
ケミカルから切り替える当初
お洗濯が面倒そう・・と思ってましたが、
意外とそうでもなかったです。
アルカリウォッシュでつけ置き→手洗い→脱水のみ洗濯機、の手順でやってますが、余程体調不良な時でもない限り今まで大丈夫でした。


***************************



【送料無料】GLOBAL
ペティナイフ
小型包丁(13cm)



nico(ニコ)
 21-0ステンレス
 計量スプーン(15spoon)

↑ これ、
ウチでは大皿からのとりわけ用など
にも使ってます、多用途!(^^)b




TESCOM フードプロセッサー



***************************
Copyright © たんぽぽいたち All Rights Reserved.
Materal by photo material Kun Template by Kaie
忍者ブログ [PR]